採用求人活動が下手なスタートアップ企業4つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近、スタートアップの採用難について様々な場所や人から話を伺います。求職者の大手志向や採用難の時代背景も影響していると思いますが、10年前からスタートアップの採用問題は見かけますので、スタートアップだからこそ陥りやすい課題が存在していると思います。スタートアップという類似環境においてどんな問題に陥ってしまうのか特徴と問題点をまとめました。

特徴①Wantedlyしか使わない

採用媒体にWantedly(ウォンテッドリー)しか使わない企業(※)が多いです。もちろんWantedlyは良い採用ツールですし、契約したからには有効活用すべきですが、あくまで採用チャネルの一つです。Wantedlyで採用できていれば問題ありませんが、できていないのであれば別の方法にチャレンジしなければいけません。

しかし、スタートアップ企業はリクナビNEXTやマイナビ転職など大手転職サイトに掲載したり、リクルートエージェントやパソナ、DODA(デューダ)など転職エージェントに依頼したりする方法を選択しないで、なぜかWantedlyに固執するスタートアップが多いです。

Wantedly利用率が高いのは掲載費用が安いのが理由だと思いますが、しっかり採用活動にお金を使ったほうが優秀な人材を確保できます。エージェント側の理屈に聞こえるかもしれませんが、募集の窓口が広ければ広いほど大きい母集団が形成できるため応募者は増えます。

※Wantedlyが登場する前はFind Job!(ファインドジョブ) だけしか利用しない企業が多かったです。

特徴②極度な採用予算の倹約志向

採用が上手くいっていないスタートアップ企業はとにかく採用予算をかけないようにしています。広い人脈を活用してFacebookやTwitterで採用募集をかける姿勢は重要ですが、採用できる可能性としては非常に低いことを理解しなければいけません。また友人・知人ネットワーク経由での雇用は優秀層とは限らなかったり、不採用にしづらかったりデメリットもあることを理解してほしいと思います。

何度も「急募!営業職で良い人がいたら自薦他薦問わずご紹介ください!」という投稿を繰り返す人がいますが、リファラル採用にも限界があり、いつまでも可能性の低い一本釣り形式の採用だけにこだわっても採用は好転しません。節約意識は大切ですが、ケチりすぎると優秀な人材は絶対に集まりません。

特徴③ホームページに採用情報が不足

スタートアップでホームページに採用情報が充分でない企業が多いです。これを透明性が低いと言います。特にペライチ(1ページだけのサイト)系サイトは採用情報が少なすぎる印象を受けます。シンプルを追求するのは否定しませんが、採用においては情報量が非常に大切です。

採用情報をしっかり発信していないせいで「ブラック企業かもしれない」と応募者に不要な不安を与えてしまい、エントリーに躊躇される可能性があります。もしも友人から情報量が少ないスタートアップ企業への転職アドバイスを求められたら「よくわからないから止めておいた方が無難」とアドバイスする人が多いのではないでしょうか。そうならないように最低限コーポレートサイトの採用情報は充実させることをおススメします。

特に有名ベンチャーキャピタルから資金調達直後は注目度が一気に高まるため、サイトに訪れるユーザーも増えます。そのユーザーに対して、採用情報を伝えないのは非常に勿体ないです。スタートアップベンチャー企業あればコーポレートサイトを積極的に活用してほしいと思います。

募集職種や簡単な仕事内容・募集要項を記載しているだけでは絶対に優秀な人材は集まってきません。社員紹介や職場紹介を積極的におこないましょう。オフィスが狭く汚いからと消極的な経営者がいますが、そういった環境もスタートアップの魅力の一つだと思います。

関連記事:求人広告×採用ホームページの関連性や重要度

特徴④専任の採用担当者が不在

スタートアップだと採用担当者がおらず、経営者や総務部が採用責任者を兼任しているケースがあります。特に経営者が兼任している場合は経営・営業・開発など本業に集中してしまいがちで、採用に集中できず負のスパイラルに陥っている企業を何社か見かけます。

兼任だと採用に専念できないため、人材紹介会社や人材派遣会社との依頼・調整が中途半端になってしまいます。外部業者とのコミュニケーションは重要ですが、ここを雑に対応してしまうと協力体制を築くことができません。①にも関係しますが、兼任だと複数の採用ツール・媒体の管理ができないため、単一媒体・単一業者に頼りがちになってしまい、結果的に毎回同じような失敗を繰り返してしまいがちです。

単発採用や、年間で一人や二人程度の採用であれば兼任でも問題ありませんが、通年で複数名の募集や複数職種の募集の場合は、採用担当者を雇用したほうが賢明です。フリーランスやリモートワークを活用して、一時的に採用の専門家に依頼するという選択肢もあります。

関連記事:経営者必見の顧問契約・外注依頼・代行派遣サービス10選

知っておくべきスタートアップの優位性

採用の専門家から見るとスタートアップ企業と言えるだけでアドバンテージがあり、採用しやすい環境が揃っています。スタートアップに憧れる20代の社会人も多く、事業拡大したときのメリットや恩恵があり、給与面が大手企業より低くても「ある程度は仕方ないよね」と前向きに理解してもらえやすいからです。

さらに社会貢献度の高いサービスや、新しい価値を提供するサービスだと非常に有利です。スタートアップならではの魅力がありますので、東証1部上場企業と人材の奪い合いが発生しても勝てる可能性が高いです。

ただし創業3年から5年を超えるか、従業員数20名から30名以上になるとスタートアップと謳うのが難しくなります。スタートアップと言えるタイミングではなくなってしまうと、採用の難易度は一気に高くなります。採用が上手くいかないと会社の成長も止まってしまいます。大手企業と比較されてしまい、給与・福利厚生で弱い為ほぼ勝てなくなります。そうなる前にアドバンテージを活用できる時期にしっかり有効活用してほしいと思います。

まとめ

採用下手なスタートアップの特徴と注意点をまとめました。結果論ですが、採用が上手な企業は採用スタンスがしっかりしており、採用への本気度・熱意が高いです。その後順調に成長し上場したケースを何社も見かけます。

逆に失敗しているスタートアップ企業は、経営者が現場で営業や開発に集中しなければいけないことから、優先度が高いはずなのに採用が後回しにされ、経営者の現場負担は重いまま、既存社員にも残業が続き、いつまでも人材不足が解消されない状況になってしまっています。

スタートアップは採用が上手くいくかどうかで、その後の経営戦略・売上目標にも大きな影響を与えます。それなのに採用に本気にならないのは勿体ないですよね。どのように採用活動を進めていくのか採用戦略・採用計画・採用設計・採用オペレーションをしっかり組み立てましょう!そして今回ご紹介している失敗しやすい特徴に注意しながら採用活動を上手に進めてほしいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加