シングルマザー(母子家庭)におすすめの仕事7選!仕事や就職に活かせる資格まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シングルマザーにおすすめの仕事を紹介します。シングルマザーは一人で仕事や家事・育児を行う必要があります。シングルマザーだということが原因で仕事が決まらない人は、是非参考にしてください。仕事に活かせる資格を取得して「仕事が決まらない」状況から抜け出しましょう!

なぜシングルマザーは仕事が決まらないのか…

日本のシングルマザーの数は100万人以上と言われています。そのうち8割が離婚によってシングルマザーとなったとされており、シングルマザーの数は年々増えています。そのため、一家の大黒柱として家計を支える女性は増えているのです。

しかし、女性は雇用市場ではもともと不利であるにもかかわらず、シングルマザーであればなおのことお仕事探しは苦戦するようです。シングルマザーは「子供がいる」「母親以外に子供を見れる人がいない」といった印象が強く、さらに「残業はできない」「子供が熱やイベント時には休みたがる」という、シングルマザー側からの職場へ希望する条件がきついことが予想されるため、シングルマザーを雇いたがらない会社も多いようです。

シングルマザーで仕事が決まらない状況になれば、生活できないなどのさまざまな問題も起きます。そうならないように、シングルマザーにおすすめの仕事や仕事に活かせる資格の取得を考えることも大切です。子供を一人で育てるためには「決まらないから仕事をしない」ではだめなのです。シングルマザーがもらえる手当なども限られています。

また貯金が底をつけば生活できません。今、シングルマザーでなかなか仕事が決まらないと焦りを感じている人は是非参考にしてください。今はアルバイトやパートで何とか生活をしていても、子供が大きくなれば、お金が必要になって生活がさらに苦しくなる可能性も考えられます。

シングルマザーのおすすめの仕事ランキングTOP3

1位:ママでも働きやすい調剤薬局事務

「調剤薬局事務」とは、調剤薬局でレセプトの処理や医師から出された処方箋の処理、薬の発注などの在庫管理をするお仕事です。このお仕事は資格がなければ就けませんが、資格の取得は通信教育で取れます。

資格取得には最短で4ヶ月で取れるとも言われていて、暗記はほとんどなく、通信教育の添削問題も、試験もテキストなどを見ながら行うことができます。資格を取ってしまえば、調剤薬局事務の仕事は求人数も多く、自宅から近い場所で勤務先を見つけることも難しくありません。また、勤務先は調剤薬局ですので景気の影響を受けづらく安定して長く勤務できる職場と言えるでしょう。

さらに勤務時間についても多くの調剤薬局の営業時間はあまり長くないためにそこまで長時間勤務する必要がないですし、残業も少ないようです。さらに基本的には土日祝日はお休みですし、お休みも比較的取りやすいようです。そのため、子供がいるママさんには非常にオススメなお仕事です。

2位:健康保険制度に詳しくなれる医療事務

医療事務とは、病院の受付で患者さんの対応や保険証のチェック、経理などといった、主に接客と事務作業を行うお仕事です。資格が必要な仕事ですが、取得は通学だけでなく、通信教育で取得を目指すこともできます。

求人数も多く、勤務形態も正社員、契約社員、パートと多様でシフト制を敷いているところもあるので、プライベートに合わせて勤務時間を調節することもできるようです。また一度資格を取得すれば、例えブランクができても再就職しやすく、勤務先は病院なので、景気に左右されず、安定して長く勤務することができます。

さらに女性が多い職場ですので子供がいる同僚も多く、理解も求めやすいようです。業務を通して健康保険制度に詳しくなれるので、自分や周りの人が通院する際にその知識を役立てることができます。ただし、経理といった数字を扱う細かい業務が必須であり、さらにそういった処理の正確さが求められます。数字に強い、事務作業が得意という方が向いているようです。

3位:介護保険制度の知識が身につく介護事務

「介護事務」は、医療事務と似た業務を介護福祉施設で行います。メインの業務は介護報酬の請求に係る業務で、そのほかにも施設によっては勤怠管理といった事務全般を行う可能性もありますが、直接施設利用者の介護を行うことはありません。

介護保険制度についての専門知識が必要とされるため、専門の資格取得が必要になってきます。資格取得は通学と通信教育から選べ、暗記の必要がないので比較的難易度は低いといえます。少子高齢化時代である昨今ではニーズは日々高まっており、求人数も多いですし、勤務体系も選びやすいので子育てしながら働きやすく、一度資格を取ってしまえば年齢に左右されずに就職先を見つけることができます。

業務内容は医療事務と似ていますが介護事務の最大のメリットは介護保険制度に詳しくなれることです。改正が多いことなどから、一般的に仕組みがわかりづらい、いざ介護を受けたくてもどうすればいいかわからないといった声が多いなか、介護事務として実務を通して介護保険制度に詳しくなっていけば将来、自分の親の介護や自分自身が介護受ける際に非常に役立つ知識を身につけることができます。

まだまだある!シングルマザーにおすすめの仕事

土日祝日休みの事務職

シングルマザーで子供が小学生になる前である場合には「定時で上がれる」「有給が取れる」ことが条件になります。そんなシングルマザーにおすすめの仕事が「事務職」です。事務職であればこの2つの条件をクリアします。子供が急病になっても仕事を休んで対処ができる仕事なのです。子供が小さいうちには、いつ急病になるのかわかりません。

そのため、「頻繁に仕事を休まれたら困る」という理由でなかなか仕事が決まらないこともあります。しかし、事務職であれば有休を使って子供の看病に専念できます。また収入も比較的安定しているので、安定した生活が送れます。ただ、事務職は比較的競争率が高い職種でもあります。これは、この2つの条件をクリアしていることが原因です。

共働きであったり、シングルマザーの女性にとっては事務職は条件のいい仕事です。そのため、多くの女性が事務職に就きたいと考えているといっても過言ではありません。場合によっては、事務職を選んだことでなかなか仕事が決まらない状況に陥る可能性もあるので注意をしてください。一度就職すると退社する人が少ないので、求人が少ない職種です。

シングルマザーの仕事でも正社員になれる介護福祉士

「介護福祉士」は特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービス、グループホームなどで実際に介護の業務を行う専門職です。そのため、専門の資格が必要となります。資格取得には通学で国家試験の受験資格を得るルートと、実務経験から国家試験の受験資格を得るルートが存在します。

実務経験から目指すルートは、介護施設にて3年以上パートやアルバイト、正社員などで実際に介護業務に従事し、さらに実務者研修を受けると国家試験の受験資格が得られ、国家試験に合格すると資格を取得できます。

通学の場合は専門学校や大学などのに通学するわけですが、社会人の場合は職業訓練学校に2年間通学するのが現実的なルートといえるでしょう。その場合、月に約10万もらいながら通学することができるという高度技術訓練促進費を受けることができます。

介護業務の多くは基本的には無資格でも当たれますが、介護福祉士を持っていると給与の面で有利になりますし、ケアマネージャーのような資格をさらに取得してよりスキルアップすることも可能です。介護のお仕事は体力的に厳しい面もありますが、非常に安定していますし、身についた専門知識や手技は将来自分の両親などの介護が必要になった時にもスムーズに対応できます。

実力があればシングルマザーでも稼げる保険外交員

「保険外交員」は保険会社に勤務し保険の加入をすすめるお仕事です。特に資格はなくても始められます。基本給は15万円ほどとそこまで多くはありませんが、契約を取った数だけ上乗せされるので実力成果主義の方にはぴったりなお仕事です。

福利厚生も充実していて、お休みもしっかり取れますし、時間も融通が利きやすいようです。また、女性が多く活躍しているため、子育て中の方も多く、職場に理解を得やすいです。さらに「保険外交員」は「ファイナンシャルプランナー」という資格取得をしてさらにスキルアップすることも可能です。

「もっと…」という向上心のある人に向いている仕事だと判断できます。シングルマザーの仕事として高収入を得るためには、向上心が欠かせないと判断できます。「今月はこのくらいでいいや」という気持ちでは保険外交員で高収入を望むことはできません。

コールセンターなどの時給が高い派遣社員

仕事をしながら子育てをすると残業や子供が熱を出した時に困りますよね。しかし、「コールセンター」などおの派遣社員なら、定時に帰ることができるお仕事も多くてオススメです。例えばコールセンターの場合は勤務時間は9時から17時や、シフト制の職場も多いです。比較的大規模な事業所であることが多いため、突然のお休みにも対応できるようです。

また給与の面でも比較的、高時給です。さらに、大規模な事業所であれば福利厚生がしっかりしています。もしも子供が病気で長い間側で看護する必要が出てきた場合、通常はこの期間に給与が発生しませんが、介護休暇を申請できれば所定の給与を得ることができます。

子育てしながらの勤務はこのような制度も必要になる可能性もあることを頭の中に入れておきましょう。いざという時のことを考えることも大切です。

シングルマザーの仕事探しの際に考える大切なこと

子供との時間を優先するのか収入を優先するのか

多くのシングルマザーが仕事を探す上で最も悩むことは「何を優先するべきなのか」ということです。1人で子供を育てるとなると「子供との時間」「生活が送れるほどの収入」が大切です。しかし、高収入を求めると子供との時間が少なくなります。反対に子供との時間を優先にすれば、収入は少なくなります。

シングルマザーが仕事を探すうえでは「どちらを優先するのか」を明確にする必要があります。曖昧なまま仕事を探せば「この仕事はシングルマザーに向いていない」と後々悩む可能性もあります。そうならないように、まずは「自分や子供のためにどうするべきなのか」を冷静に考えてください。

特に自分の両親に育児をサポートしてもらえない時には、「子供のさみしい思いをさせたくない」と考える人がたくさんいます。そのため、給与以外にも勤務先の育児へのサポート体制のチェックは非常に大切です。

例えば子供を扶養に入れて社会保険に加入することができるかどうかや、子供の病気で長期の休みが必要な時にも給与を発生させることができる介護給与が申請できるか、職場に託児所があるといった福利厚生、ほかにも職場に女性が多く、子育てしながらの育児に理解があるか、その他住宅手当など手当があるかといったこともチェックしておいた方がよさそうです。

できることなら、収入も、子供との時間も諦めたくないですよね。そのためにも給与や勤務時間だけでなく、どれだけ職場、両親など周りのサポートを受けることができるかは明確にしておく必要がありそうです。

月々に必要な収入を明確にする

シングルマザーが仕事を探すときに考えるべきことは「月々に必要な生活費」です。仕事をしても、収入にあった支出でないときには苦しい生活になります。このため仕事を探すうえで「どれだけの収入があれば生活できるのか」を明確にする必要があるのです。しっかりと家計簿などをつけて、毎月どのくらいの支出があるのかを明確にしてください。

・月々必要になる生活費はいくらかかるのか
・子供の学費や養育費などの貯金はいくらか
・毎月の保険料の支払いはいくらか
・母子手当などの使い道はどうするのか

を考えてください。母子手当などを貯金に回すときには、ないものだと考えてそれに見合った収入の仕事を探す必要があります。反対に母子手当を生活費の一部として考えるのであれば、それを差し引いていくら必要なのかを考えてください。子供の教育費は思っているよりも高いです。子供が大学に行くにはそれなりの費用が掛かります。

また、自分のもしものことがあった時や老後を考えて保険に入る必要もあります。無理に家計を切り詰める必要はありません。これが原因でカツカツの生活にストレスを抱える可能性もあります。ある程度余裕を持った生活をするためにはいくら必要なのかを考えることも大切です。自分ができる節約法を見つけて生活費を無理なく下げることができるといいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加