キャバクラバイト面接ガイド・面接質問ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

通常のバイトとナイト系バイト(キャバクラ・ガールズバー・スナック)も基本的な面接マナーは同じですが、一部違う点もあります。注意したいナイト系バイト(キャバクラ・ガールズバー・スナック)の面接マナーポイントをまとめてみました。 

面接前の準備

聞きたいことを事前に整理しておきましょう。未経験の場合、お店の人がお給料やルールについて説明してくれますが、「これくらいは知っているよな」と思って省略されてしまうこともありますので、質問したいことはあらかじめ整理しておきましょう。

挨拶

面接では最初に挨拶がきちんと出来るかどうかがチェックされます。面接室に入るときは、扉があれば必ずノックして「失礼します」と一声かけましょう。担当者が来れば「始めまして、○○です。本日はよろしくお願いします。」などと挨拶します。そして椅子には「おかけ下さい」など面接官が言うまでは勝手に座ってはいけません。

また面接を始める前には改めて「よろしくお願いします」。終わった後には「ありがとうございました」と挨拶をすれば「挨拶がしっかりしているな」と好印象を与えることができます。社会人として、挨拶は最低限のマナーですので、絶対に忘れないようにしましょう。

服装と身だしなみ

「どんな服装で面接に臨めばよいのか?」就職活動などであれば、スーツ着用が必須ですが、キャバクラのアルバイトの場合は私服で問題ありません。ただし、「ラフすぎる格好」、「だらしない格好」はNGです。彼氏とデートに行くような、自分が魅力的に見える格好がベストです。最低限、人と会うのだから身だしなみには気を使う必要があります。

持ち物

顔写真が確認できる身分証(運転免許証・パスポート・住基カード・学生証など、顔写真を確認できるもの)を持っていく必要があります(※)。お店によっては、学校の卒業アルバムと顔写真なしの身分証(健康保険証や住民票など)でもOKの場合があります。

言われていなくても筆記用具とノート(メモ帳)は用意していきましょう。お店で履歴書を書くのに必要です。店則(てんそく)と呼ばれる、時給や罰金・ノルマなどの規則や注意事項が書かれた紙をもらうこともあるので、気になることがあればメモしましょう。お店の人が筆記用具を用意していることも多いですが、自分のものを用意することでさりげなくやる気をアピールできます。

※ナイトワークは18歳以上でないと働けません。18歳未満や高校生を雇ったお店は営業停止などの処分を受けることがあるため、入店前に必ず年齢確認を行います。

よく聞かれる質問

・希望勤務日数
・希望勤務時間
・キャバクラアルバイトの経験があるか?
・キャバクラ以外に夜のお仕事の経験はありますか?
・どれくらいの給料が目標か?
・(経験者の場合)以前のお給料はいくらですか?
・給与支払いは日・週・月給どれがいいか?
・(経験者の場合)今でもつながっているお客様はいますか?
・週に何回勤務できますか?
・勤務できる時間は何時から何時ですか?
・ラストまで勤務できますか?
・終電は何時か?
・送迎は必要か?
・長期か短期か?
・お酒はどれくらい飲めますか?
・何のためにナイトワークをしようと思いましたか?
・彼氏や親はナイトワークをすることを知っていますか?
・知らない場合は、アリバイ対策をする必要がありますか?
・いつからバイト勤務(体験入店)できそうですか?

面接後について

面接を合格すると、体験入店の日にちを決めることになります。(面接と体験入店を同じ日にすることになっていた場合は、そのまま体験入店します)。

なお、面接をしてみて合わないと思ったら体験入店を断っても問題ありません。少し勇気がいりますが、体験入店をしてしまうと余計に断りづらくなります。この時点できちんと伝えましょう。キャバクラのバイト面接は緊張すると思いますが、ここに書かれていることに気をつけて頑張ってくださいね♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加