バイトルの採用成功事例-ライター(業務委託)経験者採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

バイトルに求人広告を掲載し、採用成功されたお客様の事例をご紹介いたします。一般的に採用が難しいといわれている業種や職種でいかに採用を成功されたのかご参考ください。今回はIT・クリエイティブ系職種の編集プロダクション(編集部)・校正・ライターの採用成功事例をご紹介します。

採用募集の概要

事業内容:SEO対策会社
掲載時期:2016年5月
募集職種:ライター
雇用形態:業務委託
募集地域:在宅勤務
募集条件:未経験不可

提案内容

提案プラン:新規ワンワンプラン2週間※
追加プラン:スカウトメール20通
提案金額:3万円+5000円
※適用条件:新規申込 or 6カ月以上バイトルの掲載申込がないお客様。
※前回の続きのプランです。

募集背景

前回、一般事務を募集し、2週間の掲載が可能でしたが、5日間で採用決定につき、募集停止することになりました。そのため残りの期間は業務委託のライター募集に切り替えることになりました。バイトルは掲載期間中の職種変更(原稿変更)が可能なため、フレキシブルな対応が可能な媒体です!

調べてみたところバイトルは業務委託の募集が少なかったです。「バイトルは専門職の募集に不向き。専門職の募集は専門職に特化した媒体に掲載したほうがいい。」と考える採用担当者が結構いる為でしょうか。

しかしこの状況は私が得意するパターンです。「競合他社が少ないから、弊社のノウハウを駆使すれば、バイトルがテレビCMで集めたユーザー全員を囲い込める!」と思い、急きょノウハウ満載の業務委託募集の原稿を制作致しました。

反響・応募数

応募数:32件
掲載期間:5日間
※応募者多数の為、5日間で募集停止。

営業担当(アキバ)からコメント

5日目に役員の方から「応募が集まりすぎて業務に支障をきたすため、募集停止してくださいm(__)m」という連絡をいただきました。ベンチャー企業の場合、社長や役員が通常の業務と並行して採用担当を兼務する場合が多いですが、私の配慮が足りず、ご迷惑をおかけしてしまいました。応募を集めすぎるのもダメなんだなと反省した次第です。

最近はオウンドメディアのライター募集を見かけるケースが増えてきました。ランサーズやクラウドワークスでの募集もいいですが母集団形成を目指すならバイトルで募集してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加