求人広告×採用ホームページの関連性や重要度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近は中小企業に求人広告の営業をする際に必ず「ホームページの採用情報も一緒に変更しませんか」と提案するようにしています。「HPのユーザーアカウントを共有してくれれば無料でやるから」とまで言っています。なぜここまでするかというとホームページの採用ページが重要だからです。求人広告とホームページの関連性や重要性が高い理由をまとめました。

採用活動に採用ホームページは必須

採用活動に採用ホームページは必須です。現在は少子高齢化で有効求人倍率からもわかる通り、労働力人口に対して求人数が上回っており、大手求人情報サイトで広告掲載しても応募が集まりづらく、採用に苦戦する会社が多い状況です。今後さらに労働力人口が減る傾向にあるため、採用の難易度は上がり続けます。

二番目の理由として求職者側が企業の評判や実態を気にするようになったことです。違法労働や過労死問題が社会問題として注目を集めており、ブラック企業やブラックバイト問題といった労働問題もニュースで大きく報道され、求職者は企業のクチコミ情報に敏感になっています。

せっかく高い金額をかけて求人広告を出しても「HPを見たら情報が足りていなくて不安」「応募するのが怖い」「やっぱり面接に行くの辞めよう」と思われたら意味がありません。少ない母集団で採用を成功させるためにも、採用ホームページの必要性をご提案しています。

求職者がホームページを見る理由

求職者は面接前や応募前後で企業のホームページを必ず見ます。契約社員や正社員を募集したい場合は特に採用ページがしっかり出来ているかどうかが重要になります。誰だって人生を預けようとしている企業が「ブラック企業ではないか」「どんな企業なのか」を知りたいと思います。しかし、HPを調べても会社情報や求人情報が情報不足だと不安になります。

最近ではブラックバイトという言葉からもアルバイト市場でも会社名検索されるようになっています。会社の評判はコントロールできませんが、せめて採用ページがしっかりしてないと不必要に不安を煽ることになってしまいます。

採用サイトが無理なら採用ページの充実

「うちには採用HPにかける予算はないよ」と諦める必要はありません。中小企業の場合、採用サイト(リクルートサイト)がないことが多いですが、まずは公式サイト内に採用ページを作成し、内容を充実させることから始めてください。

公式ホームページの中に採用ページがある会社は多いですが、放置している会社も多く、改善できる点は多岐にわたります。デザインが悪くても、とにかく情報を追加しましょう。採用ページにコンテンツを追加すれば採用にも良い影響をもたらします。ユーザーが求めている情報を情報発信することが一番大切です。

ユーザーが求めている採用情報とは!?

採用ページ(採用サイト)ではカッコいいキャッチコピーや、英文字をたくさん使った綺麗でカラフルなwebデザインにする必要はありません。リクルートやサイバーエージェントのようなオシャレでイケてる採用サイトや、面白いスペシャルコンテンツを目指す必要はありません。Flash ムービーが好む経営者がいますが、決して高いデザイン性が良い採用サイトになるとは限りません。

採用活動で大事なのは会社や店舗の雰囲気を伝えることです。仕事内容や労働条件を詳しく書くだけでなく、オフィス職場や仕事風景の写真を掲載することは重要です。スタッフ写真や社員インタビューもおススメしているコンテンツです。他にも動画を活用してキャリアパスや教育制度を説明する方法も有効です。

採用サイトを制作するタイミング

求人広告を利用する際に採用サイトは必須ではありませんが、予算があれば採用サイトを制作するに越したことはありません。年間に10名以上のアルバイト採用を実施しているか、正社員を複数名の職種で通年採用したい場合は採用サイトを制作するタイミングです。

転職系求人情報サイトでは掲載費用に30万円ほどするケースもありますが、1人も採用できないと掲載費用が無駄になってしまいます。そうならないためにも、まずは30万円の予算で採用サイトを充実させることから始めてほしいと思います。

無料の採用サイト制作サービス

最近では無料の採用サイト制作サービスが増えてきました。エン・ジャパン株式会社が提供している「engage(エンゲージ)」や株式会社ビズリーチ提供の「スタンバイカンパニー」といったサービスがあります。自社ドメイン管理はできませんが、採用支援会社が提供しているだけあって、必要な項目や機能は一通り揃っています。

これらはテンプレートで簡単に作れますので、お金をかけたくない企業にはおススメです。ただし、お金をかけたくないという考え方では「お金をかけてでも採用を強化したい」と考える企業には勝てません。無料サービスですので、デザインは制限されたり、柔軟な対応は難しいのがデメリットです。無料サービスのメリット・デメリットを理解して上手に活用してほしいと思います。

⇒採用サイト制作・リニューアルの無料相談はこちら

最後に

indeed(インディード)といった求人専門の検索エンジンに自分たちで募集情報を掲載して、安く採用活動をおこなうことも可能になっています。しかし、どんな媒体や手法を利用しても、就職・転職希望者は必ずホームページは見ます。

中堅規模の会社でも採用ホームページだけでフリーター採用や新卒採用を完結している会社もいますので、採用ホームページを有効活用するかどうかが採用成功のカギです。求人広告を利用する際は会社HPを更新しましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加